読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ本棚

まったり気まぐれな管理人がお送りする資格取得と趣味のブログ

受験票に使う証明写真 自作編

雑多

試験の願書や免状申請に使用する証明写真。

試験によってサイズが違うし、期限がある。そしてその都度の出費。高い。痛い。

 

というわけで自作。

 

◆準備するもの

デジカメ(スマホでも可)

パソコン(画像のトリミングをする)

プリンター(インクジェット式がおすすめ。なくても可能)

L判写真用紙(L判でなくても写真用紙ならOK)

 

◆作り方 

最近はプリンターがなくてもコンビニのコピー機で、簡単に印刷できます。 

撮影した記憶媒体(SDカードやCFなど)を持っていけばOK。

ただし、撮影するときの構図に注意する必要がある。

使い方はコンビニにもよるので、ホームページや店員さんへ。

 

プリンターがある場合は、写真を撮ったら適当なサイズで試しに印刷。

試し印刷は普通用紙にサイズ合わせのために出力します。

 

MicrosoftのWordがインストールされている場合。

オブジェクトを必要サイズに設定して、そこに画像をはめ込めば簡単に作成できます。

 

印刷サイズは若干大きいくらいなら、カットで何とかなります。

カット後の写真の大きさが、規定通りであれば文句を言われることはありません。

 

前回(乙4)の時は証明写真を準備するのをすっかり失念していたので、スマホで撮影して、サイズを合わせてプリンターでL判に印刷。

試験中に何か言われないかドキドキだったけど、問題なく受理。

 

味を占めて、第四級アマチュア無線技士試験にも使用。

こちらも問題なく受理。

 

一部、写真の規定に厳しい試験*1がある。

そういった試験には写真屋さんとかにお世話になるつもり。

でも、受験要項に特段の記述がない限りは自作で乗り切ろう。もったいないし。

 

毎回撮影する証明写真がもったいないな。と思われている方、試しにどうぞ。

 

※注意※

この方法はあくまで筆者独自の見解によって実施しているものです。

写真は証明になるので、不鮮明なものや顔の位置・大きさなどによっては受理されない事もあります。

この方法を実施される場合は、受験者ご本人の責任で行ってください。

本記事と同様に作成した写真によって起こった、不利益等に関しては一切、筆者は負いかねます。

 

*1:たしか、小型船舶免許とか、第二種電気工事士の免許申請に使うものなどは厳しい

広告を非表示にする