読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ本棚

まったり気まぐれな管理人がお送りする資格取得と趣味のブログ

IPAの試験に情報セキュリティマネジメント試験が新設

情報処理技術者試験

平成28年度春期試験から、情報処理技術者試験の区分に新しい試験が追加されると発表がありました。

 

以下、IPAのホームページからの引用です。

 情報セキュリティマネジメント試験とは

ITの高度化やインターネットの普及が社会に様々な恩恵をもたらす一方、サイバー攻撃の手口はますます巧妙化・複雑化し、社会全体に対する非常に大きな脅威となっています。

「情報セキュリティをいかに確保するか」は今や組織にとって大きな経営課題ですが、標的型攻撃、内部不正などの多種多様な脅威は、「ITによる対策(技術面の対策)」だけではなく、適切な情報管理、業務フローの見直し、組織内規程順守のための従業員の意識向上といった、「人による対策(管理面の対策)」についてもしっかりとした取組みが重要です。
そのための情報セキュリティマネジメントを担う人材の育成をいかに推進していくかが、社会全体での課題であると言えます。

「情報セキュリティマネジメント試験」は、このような社会ニーズの高まりを背景に、政府の『「日本再興戦略」改訂2015』(平成27年6月閣議決定)や経済産業省 産業構造審議会で示された方向性を踏まえて、国家試験「情報処理技術者試験」の新たな試験区分として創設されました(平成28年度春期から試験開始予定。春期(4月)、秋期(10月)の年2回実施)。

 

◆試験内容

 午前(90分):多肢選択式(四肢択一)50問(100点満点中60点合格)

 午後(90分):多肢選択式3問(100点満点中60点合格)

 

◆試験区分

 この情報セキュリティマネジメント試験は、「ITを利用する者」の中でも、特に「ITの安全な利活用を推進する者」を対象とした試験のようです。

 既にある、情報セキュリティスペシャリスト情報処理技術者として、技術的な要素が強い反面、新設の試験は一般的にITを利用する人向けといった感じのようです。

 

www.jitec.ipa.go.jp

 

 日本のセキュリティについては、かなり遅れている感は否めませんが、年金情報流出問題などなど見過ごせない事案が増えてきたので、セキュリティに力を入れざるを得なくなってきた・・・という感じでしょうか。

 現行の情報セキュリティスペシャリストも免許制(?)というか、合格証に有効期限を設けるかもしれないなんて噂も聞きました。せっかくの国家試験なんだからもう少し活用すればいいのにと思いますがねー。

 

 そういえば、ホワイトハッカー育成にも力をいれているなんて話題も聞きますね。もう少し若ければ、そっちの道もおもしろそうだなーなんて思っていました(笑

 

 ってこんな話をしていますが、10月受験予定の情報セキュリティスペシャリストの準備が進んでいないのは言うまでもありません~。