気まぐれ本棚

まったり気まぐれな管理人がお送りする資格取得と趣味のブログ

乗りたくもない流行に乗ってみました~

正確には、「流行に乗るつもりは全くありません」でしたが、結果そういう羽目に。

 

乗りたくもない流行とは「インフルエンザ」です。

土曜日(13日)に喉の痛みを感じつつ、乾燥からかなーなんて思っていたら、

日曜日(14日)に39度の熱に咳。全身の関節痛。30分も寝ていられない。

月曜日(15日)は、診察のため午前休暇をもらい、病院へ。

そこで、鼻の粘膜から採取した検体を検査薬に付けて数分。

 

おそらくこの数分は実際2~3分だったのでしょうが、座って待っているのが辛くて辛くて・・・

 

で、

「結果出ましたよー、インフルエンザB型ですねー。お薬だしておきますので、飲んで安静にしていてください」

という医師の声に続くように、事務の方(看護師かな?朦朧としてよく覚えていない)が、薬の説明をして、お会計して帰宅。

 

f:id:rintohsaka:20160217233503j:plain

写真は処方された「リレンザ」という薬(上の銀色円盤状)と、それを吸引するカートリッジ。なんか、メカっぽくてかっこいいww

 

結局、午後から出勤する予定だった仕事も上司に報告して1週間程度お休みをもらうことに。

 

その後、薬の影響なのか熱はすぐに下がったけど、「腰と肩と股関節に残る関節痛」と「咳」、「頭痛」がしばらくお帰りになってくれず、忙しい年度末をゴロゴロうなされながら過ごすという罪悪感にさいなまれていましたー。

 

特に、頭痛は結構辛かったですねー。

左こめかみあたりを「キーン」って感じで突然襲ってくる感じ。

アイマスクをして寝るようにしたら落ち着いたので、目の刺激が原因だったのかなー。

病体なのにスマホなんていじっているのがいけないのだろう、うん。

 

今は、関節痛も頭痛も治まって、咳だけとなりちょっとは復帰に近づいてきたかなー。

今どきは便利なもので、職場に居なくても自分の仕事はメールで飛んできます(笑

こちらとしても、何にも連絡がないよりかはメールでも来たほうが安心するというのが本音ではあるのですが、どこにいても環境さえ整えば仕事からは逃れられないんだなーとつくづく思いますねー。

 

思い返せば、一昨年の副腎の腹腔鏡下摘出術の時だって、3年前のその検査入院の時だって、病室にノートPC持ち込みで出来る限りメール返していたしなー。

術後しばらくはさすがにそんなことできなかったけれど。

 

そんなこんなで、この1週間は勉強もろくに進まず。

だいぶスケジュール変更を余儀なくされそうなのですけど。

よく考えてみれば今年はちょっとしたライフイベントがあるので、そもそも趣味にあまり時間をかけていられないかもしれないことが判明。

なので、今年はちょっと充電期間ってことでまったり進めていきたいと思います。

 

 

 

っていうか、今年の目標を「生活習慣を改める」ってしたのに、出鼻くじかれてる・・・。

全然できてないよー(白目

 

広告を非表示にする