読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ本棚

まったり気まぐれな管理人がお送りする資格取得と趣味のブログ

アップグレードを阻止する④(レジストリ変更)

Windows10アップグレード対応

シリーズ第4回目。

今回はちょこっと上級編。レジストリに変更を加えます。

 

※重要※

この方法は、レジストリというWindowsの根幹にかかわる設定に手を加えます。

方法を誤るとWindowsが起動できなくなることがあります。

自信のない場合は絶対に操作しないでください。

この記事を参考に操作し、不測の事態となっても責任は負えません。

 

さて、今回はWindows10へのアップグレードをレジストリの段階で阻止します。

また、何度もPOPとして出てくる「Windows10を入手する」の停止もご紹介。

いずれも管理者権限で実行する必要があります。

 

まずは、アップグレードを止める方法。

コマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

 

reg add HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v DisableOSUpgrade /t REG_DWORD /d 1 /f

 

空白は全て半角スペースです。

横幅の都合上、改行されていますので注意してください。

 

ちなみに、私の場合この作業を管理している

膨大なマシンに施さなければならないので、

バッチ(.bat)ファイルにして作業しています。

 

また、作業自体は「regedit.exe」からでも同じ操作はできます。

その場合は、

「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「Software」→「Policies」

→「Microsoft」→「Windows」まで進んで、

「WindowsUpdate」のキーを追加します。

その中に、「REG_DWORD」で「DisableOSUpgrade」を作成。

値は「1」にしておきます。

 

これで完了。

 

 

次に、何度もPOPとして出てくる「Windows10を入手する」の停止方法。

 

上記と同じようにコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

 

reg add HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Gwx /v DisableGwx /t REG_DWORD /d 1 /f

 

「regedit.exe」から操作する場合も上記と同じように操作可能です。

その場合、「Gwx」というキーがないので、新規作成してその中に

「DisableGwx」という値を登録します。

 

これで完了。