読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ本棚

まったり気まぐれな管理人がお送りする資格取得と趣味のブログ

社会保険労務士試験 おつかれさまでしたー

8月28日(日)は社会保険労務士試験でした。

受験された方々、お疲れさまでした!

 

◆試験当日の雰囲気

私の住んでいる県は、幸いなことに受験会場があります。

ただ、一部を除く隣県に試験会場が無いようで、当日は県外ナンバーのお車を散見しました。(あれ?車での来場って禁止じゃなかったっけ?

 

今まで受けたことのある試験とは違い、試験監督官や補助者の意識が高い(マニュアルが厳しく指定されているんだろうなー

 

私が受験した会場(講堂)にいた、受験者の方の平均年齢は30歳後半から40歳前半くらいかな。

男女比は6:4くらいかと。

20代っぽい人はやっぱりというか少なかったですねー。

 

電子端末は電源を切った上で、配布された社会保険労務士会の封筒に入れて足元に置かなければならないとか、タオルやティッシュの使用や飲水するときは試験官を呼んでからでないとダメという徹底ぶりがちょっと新鮮でした。

 

◆とりあえず、自己採点と感想

f:id:rintohsaka:20160830215217j:plain

 

既に日曜日の夕方頃には各予備校から解答速報が出ておりまして。
なんとなーく結果はわかっているし、あえて惨劇を見るというのは躊躇いましたが・・・

とりあえず、T○Cと○原の解答速報をもとに採点をしてみましたー。

 

結果をあえてご報告するまでもないでしょうけど・・・

 

不合格です(ドーン

 

この上ないくらい、救いようがないくらい、箸にも棒にもかからない状態でしたとさ☆(キラッ

 

せめてボーダーライン上でのドキドキ感を味わってみたかったけれど、それすらありません(苦笑

 

うーん、受験しているときから手ごたえの無さは痛感していましたし、知識不足だなーってところが多すぎでした。

 

ちなみに問題を解いているときの感覚は、

1:これ絶対あってる! → 2割

2:うーん、多分これだと思う → 2割

3:あー、こんなのあったけど覚えていない → 3割

4:ぜーんぜんわからない┐(´ー`)┌ → 3割

 

みたいな状況でした。
2と3をもっと詰めないとだめですねー

4も、全部が新問奇問ってわけじゃなく単に学習不足ってところが多かったです。

実際、テキストを見てみれば、「あー、乗っているじゃん」っていうものばかり。

 

それでも、合格には程遠かったものの過去2回の模試よりは、わずかながらですが選択式も択一式も点数が伸びていました(唯一の救い

 

科目にもよりますが、全体的に数値問題で落としたところが大きいのもあり、知識がちゃんと定着していなかったことが改めて露呈してしまいましたー(白目

 

◆で、これからどうする?

早速ですが、来年のリベンジに向けて再始動しようと思います。

「今からやっても法改正が・・・」と言われそうですが、法改正も何も基礎がほぼできていない状態なのでそのあたりはあまり気にしている場合ではないかなーと。

 

特に改正されることの多い数値問題は今から覚えても忘れちゃいますしー(今回の体たらくでよく言えたもんだ

 

改正は出てきたときに照らし合わせるってことで、もう少し基本をしっかりと下積みしていこうと思います。

 

 

と言いながらも、10月には第一種電気工事士の筆記試験が控えているので、そちらの準備に入りますけどね(笑

相変わらず物理系は苦手なのに、「えーい、とりあえず申し込んじゃえ!」という勢いだけで申し込んでしまった一電工。

第二種電気工事士の時は捨て問にした計算系問題も今回は捨てるわけにもいかなそうなので、今回は計算系も克服しながら進めていこうと思います~。

 

広告を非表示にする